夜食べない系ダイエットの特徴|不規則な生活でも取り入れたいメリット

good_1280
18時以降食べないと痩せるって知ってますか?

やり方は夕食を18時までに済ませておきます、夕食はしっかり、栄養のあるものを食べます、それ以降は、寝るまで水以外は何も食べません

どうでしょうか、できそうでしょうか?

わたしは、無理だと思いました。。

というか仕事があるので、夕食は22時くらいになってしまいます。物理的に不可能だと感じました。

ダイエット方法のほとんどは、いまだに9時5時生活とか、すごく規則正しい生活をしている人向けに作られている気がします。

深夜まで仕事があったり、外食が多かったり、一人暮らしだとやりたくてもできない方法がほとんどだと感じています。

ちょっと悔しいですが、痩せたいのであれば、しっかり考えて、ダイエットメソッドのポイントをまねすることです。

18時以降食べないダイエットのポイントは、夕食をしっかり消化して、寝るまでに燃焼させる時間をもつ、ということです。

意外と知らない人が多いのですが、食事の消化はかなり時間がかかります。

ごはんなどでも2時間から3時間、たんぱく質や脂肪分は4時間前後から6時間かかります。

夕食をしっかり食べた場合、寝る時間から逆算するとだいたい18時くらいになるので、18時以降食べないと痩せるという話になります。

じつはポイントを理解していれば、食べる物を選んだり、サプリを活用することで寝るまでに消化して燃焼させる、という本来の目的は達成できます。

具体的には消化時間を考慮して、夜は肉などの、高タンパク、高脂肪のものを避けることです。たんぱく質は肌や筋肉の材料として、いちばん大切な栄養素なので夜食べない代わりに、朝ヨーグルトを食べたり、昼にしっかりした食事を食べておくことで、十分補給してあげます。

夜は、わたしはサラダとごはん(少量)なのですが、理想的にはサラダとフルーツだと思います。フルーツの消化時間は30分とも言われていて、寝る1時間前に食べても、適量であれば太りません。

可能であれば普段の夕食をフルーツメインに変えるだけでもかなり痩せやすい体質に変わると思いますよ。