夕食食べないダイエットは無理!夜のご飯を脂肪に変えない工夫

夕食食べないダイエットやったことありますか?
わたしはチャレンジしたんですが、なんと一度もできませんでした..

わたしは仕事から帰ると22時くらいになってしまいます。それから食べるとどう考えても遅すぎると思うのです。どうにか食べないようにしたいと思っていたのですが、帰る直前まで、食べないぞ、と念仏のように唱えていても家のカギを開けて、靴を脱いだ瞬間に、完全に忘れてしまいます!

仕事が終わった後の空腹感は、強烈なものがあります、逆らえないです。

そもそも夕食食べないダイエットの目的は、夕食は重くなりがちで、睡眠中に脂肪に変わってしまう可能性が高いからです。夕食を丸ごと抜くことで、太る原因をシャットアウトすることです。

たしかに痩せそうですが、ポイントは、夕食が太る原因になっていることです。

なぜ夕食が太る原因になりやすいか、ということを調べると、まず食材として肉や油物が多い、もちろん肉や油物は消化されないくい、ということがあります。次に食べた後、睡眠時までに消化が終わらないので寝ている間に食べた物が脂肪に変わってしまう、というのが主な理由です。

簡単に言えば、夕食を軽い、消化によいものにして寝る前に胃を空っぽにしてあげれば、夕食が原因で太るということはなくなります。

ちょっと注意が必要なこととして、高タンパク低脂肪の食材、例えば鳥のささみなどはダイエット食として優秀だと言われていますが、特に夜遅く食べる人にはおすすめできません。

たんぱく質は脂肪分と同じくらい消化されにくいので、夜遅く食べてしまうと、寝るまでに消化が間に合いません。寝ている間に脂肪が作られる原因になってしまったり、胃腸にダメージを与えて、新陳代謝が落ちてしまったり腸が汚れて便秘体質になってしまうことがあります。

わたしのダイエット中の夕食メニューは、野菜のサラダやスープと少量のごはん、というのが定番です。時間が無いときは、コンビニでサラダとおにぎりを買います。

食べる順番は、野菜→ごはん、という順番にしたほうが食後の血糖値上昇をおさえることができて太りにくいです。このメニューであればだいたい寝る2時間前に済ませておけば寝ている間に脂肪がたまることはほとんどないと思います。