夜の空腹感を消し去る方法:睡眠の質が上がり成長ホルモンが出て痩せる!

brain-damage_1280
夜食べないと眠れないときに、できるだけ早く、すっきり眠るためのテク二ックを紹介しています。

眠れないときは、時間が無駄に過ぎてしまったり、眠れないことで、明日に影響があるのではないか、という不安や焦りがあります。

その焦りが余計に睡眠を妨げてしまうことにもなります。

そこで、私が試して上手くいった方法を紹介しますね。

夜食べれないと眠れない・・・

どうしても空腹だと目がさえてしまうということがありますよね。

わたしたちは空腹感を感じると本能的にアドレナリンが出て、リラックスできなくなって目がさえてしまいます。食べずに眠るためには、脳をだましてあげることも時には大切です。

私もずっと眠れずに気がついたら朝方になってしまったこともあり、食べることよりも睡眠不足のほうが悪いよね!そう思って、夜でもお腹が減ったら食べていました・・。

本当は、夜寝る前に食べることはダイエットにも悪いですし、太るだけでなく、睡眠の質を落としてしまい、成長ホルモンの分泌なども減らしてしまうので、いいことはほとんどないんです。

どうにかして、食べずに眠る方法を探しましたが、、いちばん簡単なのはお風呂に入ったりシャワーを浴びることだと思います。

仮に一度、すでにお風呂に入っていても眠れないと思ったら、もう一度シャワーを浴びた方が結果的に良い結果になりますよ。

お風呂の場合、基本は半身浴です、シャワーもぬるめのお湯で試してください。暑すぎるお湯などは交感神経を刺激するので目を覚ましてしまう効果があります。

一度しっかり起きてしまったほうがしっかりリセットできる人もいます。人によっては、一度リフレッシュしたほうがすっきりしてよく眠れます。

わたし自身はリセットタイプなので、熱めのシャワーを浴びて、その後に冷水シャワーを浴びるという温冷浴という方法を使っています。

プールで泳いだ後のような心地よい感じがありますので個人的にはかなりお気に入りで、この方法を発見してからは、どうしてもお腹が減って眠れない、ということはほとんどなくなりましたよ。