夜遅い食事ではタンパク質を控えめにしたほうが良い理由

わたしは帰宅が遅くて食事の時間が22時過ぎなのですが、もうそれだけでも太りそうです。。

実際にわたしは昼12時にランチを食べた後、仕事から帰って、食事を摂るのが10時から11時の間でしたそして案の定、ぶくぶくと肥えてしまいました。

10代の男の子ならともかく、大人の女性には寝る前の食事は脂肪につながる要因が多すぎます。遺伝子的にもBMAL1(ビーマルワン)という物質の働きで脂肪合成が高まるのが深夜の食事です。

雑誌のダイエット特集を読みあさったこともありますが、例えば最近はやりの糖質制限ダイエットとか、はっきりいって、9時5時生活の女性むけだと思います。

糖質制限や炭水化物抜きダイエットだと、高たんぱく、低脂肪の食事が推奨されていますが、たんぱく質はめちゃくちゃ消化が悪いのです。

寝る前に食べてしまうと、翌日胃もたれしますし、睡眠の質が下がって成長ホルモンが出なくて肌が荒れてしまいます。

しかもたんぱく質も寝る前に食べるとインシュリンというホルモンによってやっぱり最終的には脂肪になるので、結局太ってしまって、全くいいことがありませんでした。

そこでわたしは色々試した結果、2つのことを意識するようにして無理なくダイエットできる方法を考えました。

・寝る前にしっかり消化すること
・できるだけ燃焼させてから寝ること
この2つです。

具体的には、夕食の食材をとにかく消化を重視して選ぶようにしました。たとえば肉やこってりした味付けのものは絶対に避けて野菜中心のものにすることです。少量であればごはんや炭水化物もオーケーです。

さらに燃焼させるために、食べた後は、30分でもいいので、ウォーキングを心がけます。激しい運動は逆に胃腸に負担をかけてしまい内臓にダメージがあるのでよくないです。

食後の有酸素運動は脂肪合成ホルモン・インシュリンの分泌を抑制してくれるので、食べ物が体脂肪になるのを防いでくれます。

このふたつのことをやるだけで、夜遅い生活でも、むしろ体重が減っていくことに気がつきました。個人差もあると思うのですが、単純に翌日の体調も良いですし化粧のりもよくなると思いますので試して見てくださいね。