30代以降太り始めた理由|代謝酵素って知ってる?

30代前後から太り始める女性はとても多いです。

太りやすくなる原因は代謝の低下が主な原因ですが、代謝がある年齢で突然下がることはありません。

20歳以降、徐々に徐々に下がっていった代謝がそれまでの生活習慣や食生活についていかなくなりまるで突然太る体質に変わったように感じてしまいます。

それまで、特別にダイエットなどを行ったことのない人ほどその変化についていけず、突然太り出すことがあります。

ほとんどの人は、長年同じ生活習慣を続けています同じような時間に起きて、同じように歯を磨き、同じホームに経って同じような職場で、同じような仕事をします。

平均的には、女性よりも男性のほうが中年太りで急激に太るケースが多いのですが、その理由は生活習慣が変わらないからです。

特に男性の場合、20歳でも30歳でも、牛丼、ラーメンなどずっと同じような食生活を送っている人が多く、しかも同じ会社で同じ仕事をしている人が多いので体が太りやすくなっても、それに合わせて生活習慣を変えることが出来ません。

女性であっても、同じ生活を続けていると、ある時点で、太りやすく痩せにくい状態になってしまうので、思ったように体重が落ちない、脂肪がつきだした、と感じ始めたらかなりの危険信号です生活習慣を変える努力が必要だと思います。

同じ生活習慣を続けていると、30代になる頃に、体の代謝がついていかなくなり、何をしても太る、食べたら食べた分だけ太るように感じはじめることになります。

コップに水を注ぐとある段階から突然あふれ出すように、ある段階から突然太り出すことになります。

昔のような太りにくい体質をキープするためには体の代謝活動を高いレベルでキープする必要があります。

そこでまず試してほしいのが、水分摂取です。体の代謝を行っているのは、代謝酵素という体内物質なのですが代謝酵素は十分な水分がないと活動することができません。

1日に1.5リットルの水を飲むようにしたらなんと1日の消費カロリーが30パーセントアップした、というデータもあります。

水分がないと体の代謝酵素という物質が活性化しないので、代謝が低下してしまいます。

シンプルすぎて話題になりにくいのですが、1日2リットルの水を飲むだけでダイエットに成功した芸能人もいますし、ミス○○○などのボディメイクには1日3リットルの水を飲む、というのが必須だとも言われています。