太りにくい食生活とは?むしろ昭和の食事にすれば痩せる気がする

白いゴハンっておいしいですよね。わたしは田舎育ちなので、昔っから白いご飯ばかり食べていました。大学で東京に状況して、そして同年代の女の子の細さにびびっていました(笑)

今でも、ご飯と言えば、白米です。一人暮らしなので、パンの方が便利なのですがやっぱりご飯でないと満足感がないんですよね。

ところが、おかずと一緒にどんどん食べてしまうのでなかなかご飯の量が減らせません。そして、なかなか痩せません(T-T)

ご飯を減らさずに、どうやったら痩せるかなーって考えて、いろいろ勉強したのですが、実は、ご飯を減らすよりも食べ方を工夫するのが、一番体にも負担がなく、ストレスなく痩せられるようなのです。

ご飯好きにおすすめなのは、バックトゥーザ昭和ってことで、ご飯+納豆+漬け物+味噌汁です。

勉強すればするほど、伝統的な日本の朝ご飯はダイエットに最高なご飯だって分かってきました。

まず納豆や漬け物には酵素が豊富です。酵素を十分に摂取することで胃腸や内臓に負担がかからず栄養素がエネルギーにスムーズに変わったり、新陳代謝が活発になるので、痩せやすくなります。

味噌も発酵食品ですが、納豆と味噌には良質なアミノ酸がとても吸収されやすい形で含まれています。

アミノ酸はご存じの通り、からだをつくる材料でコラーゲンやエラスチンなど真皮を作る材料でもあります。

納豆はどれでも大丈夫ですが、漬け物や味噌は天然のものを選ぶ必要があります。スーパーの安売り品は添加物で作った物が多いのでほとんど酵素が入っていないからです。