30代で太り始めるのは酵素不足が原因?新陳代謝が下がるメカニズム

30歳を超えて太り始める原因は代謝酵素の低下といわれます。酵素を補給してあげることで、代謝酵素を増やし代謝を上げることで以前のように太りにくく痩せやすい体質に戻るはずです。

昔は太っていなかったのに、30歳を超えたあたりから突然太り始めた・・実はそんな人が一番痩せにくいと言われています。一見、昔から太っていた人に比べれば、以前は痩せていたのだから簡単に痩せられるような気がしますが、以前より、食べているようは減っているのに太っていく運動しても思ったように体重が落ちない、痩せにくい体質になったと感じる人が多いと思います。

痩せにくい体質になってしまった原因は代謝の低下です。10代の頃を思い出してみると、かなり大量に食べていたかもしれません。同じ身長なのに、なぜ10代は太りにくく30代は太りやすく痩せにくいのか、その理由は、代謝の低下なのです。

私たちの体の働きは、食べ物の消化、老廃物の排泄、エネルギーの生産、新陳代謝による新しい細胞の生成、という4つの働きをしていますがすべての活動は体内酵素によって行われます。

10代は、すべての働きが活発です。なぜなら体内酵素がたくさんあるからです。体内酵素は20歳頃から落ち始め、30代を迎える頃には急低下し始めます。

昔よりも重いものを食べにくくなった、と感じていませんか?それは消化酵素が少なくなったからです。

痩せやすい体を作っているのはエネルギーの生産や新陳代謝です。これらの働きをトータルで「代謝」と呼びます。年齢によって衰えていく代謝ですが、実は、体内の代謝を活発化させる方法があります。

それは、食品などからで酵素を摂取することです。外側から摂取できるのは消化酵素なのですが、消化酵素を摂取することで、体内のトータルの酵素量は上がり、結果的にエネルギーの生産や、新陳代謝が活発になると言われています。