太る人と太らない人は夕食の摂り方が決定的に違う

ダイエットのためには、夕食は何時までに食べればよいのでしょう?

一説には4時間、もしくは6時間と言われることが多いようです。

4時間というおと、夜8時に食べおわって12時に寝る、という感じになりますが、果たしてこの数字は正しいのでしょうか?

わたしは夜10時過ぎに帰宅する生活なので、寝るまで4時間待っていたら2時になってしまいます。6時間待っていたら、明け方の4時になってしまいます。

色々なサプリとか、ダイエットシェイクやメニューを試したのですが、結論から言うと、寝る前の時間というのは、消化に必要な時間だと思います。

平均的な食事はだいたい4時間くらい消化に時間がかかるので寝る前に4時間は空けましょうという意見が多いのですね。

ちなみに肉や脂肪分はさらに時間がかかってしまい食べる量にもよりますが、長ければ6時間くらい消化にかかります。そのため寝る前6時間という説にも正しい面があります。

6時間あければ、ほとんどの食事は消化完了するので、睡眠中は、栄養分からからだを作る新陳代謝に集中できるからです。

では、夜帰る時間が遅いわたしはどうすればいいのか??

寝る前の時間は今でも2時間~3時間なのですが、食べる物や食べた後の過ごし方を工夫することで太るのを防いでいます。

具体的には、自宅での夕食ではたんぱく質はほとんど摂りません。サラダやスープを中心にした、野菜メインの食事が一番良いですね。お腹が空いて食欲が強い時は少量のごはんを食べることもあります。

ポイントはとにかく消化に良い食事を心がけることです。寝る前には胃ができるだけ空っぽに近い状態にしておくことです。

寝る前の時間が短い場合、消化の良い物が大切なのですが、消化の良い物はその分血糖値が上がりやすいという副作用があります。血糖値が上がりすぎると脂肪の合成が進むので血糖値ケアを合わせて行うことも大切です。

そこでわたしは、食べた後の有酸素運動を心がけています。有酸素運動といっても外に出て、音楽を聴きながら散歩するだけです。

それだけで、血糖値はかなり安定して、脂肪合成を防ぐこともできます。運動後は、時間があるときは半身浴、時間が無いときは、熱いシャワーのあとに冷水シャワーを浴びる温冷浴を行って、1日を締めます。

太らないだけでなく、1日の疲れがしっかりとれるのでいろいろな意味で生活が充実していきますよ。