安全にカロリーカットする方法

sugar-cube_1280
糖質の吸収を抑えるには、デキストリンなどの食物繊維を食事と一緒に摂る方法が一番安全です。

最近ではコンビニでも糖質の吸収を抑制するコーラなどが売られているので、手軽に試すこともできます。

本格的に糖質をカットしたい場合、サプリを使う方法もあります。

食物繊維にもいろいろな種類があって、最近では脂肪の吸収まで抑制できる成分も発見されました。

・・・
最近はコンビニで「糖質の吸収を抑える」コーラや炭酸飲料が売られています。

なぜ、コーラや炭酸飲料で糖質の吸収を抑えることができるかというと、デキストリンという成分が入っているからです。

デキストリンとは、食物繊維の一種です食事と一緒に摂取することで、食事の炭水化物や糖分と結びついて、胃や腸でのカロリーの吸収を抑える効果が期待できます。

糖質の吸収を抑えることで、たくさんのメリットがあります。

まず脂肪が付きにくくなります。

糖分を一気に摂ると、インシュリンというホルモンが分泌されますが、インシュリンは脂肪を作る働きをするので、体脂肪が増えます。

そこで糖質の吸収を抑えることで、インシュリンを減らして、体脂肪の蓄積を防ぐ、という効果があります。

さらに食欲が減ります。

空腹感は、おもに血糖値が下がったときと胃が空になったときのふたつの要素によって起こるといわれています。

デキストリンなどの食物繊維は、糖質の吸収をゆっくりにするので血糖値の急降下による空腹感を抑え、さらに、胃や腸で膨らむので、なかなかお腹が減りにくくなります。

食物繊維、というのは、以前は食品の残りカスだと言われていて、無駄なものだと思われていました。

ダイエット効果や病気の予防など、様々な効果があると言われ、本格的に研究されだしたのは、ここ最近のことです。

同じ「食物繊維」という名前がついていても、水に溶ける水溶性だったり、溶けない不溶性だったり、形もヘチマ型、蜂の巣型などの種類がありますそして、色々な機能に違いがあることが判明しています。