太らない生活リズム:ホルモンとダイエットの関係

weight-meter_1280
最近は18時以降食べないダイエットなど、夕食の時間を早めることで痩せていく方法もあります。

結論をいうと、たしかに、早い時間に食べれば食べるほど太りにくいです。

すこし専門的な話になるのですが、わたしたちのカラダの中のBMAL1(ビーマルワン)という働きがありますBMAL1(ビーマルワン)が活発化すると脂肪が合成されやすくなるのですが、いちばん活発化する時間帯は夜中なのですBMAL1(ビーマルワン)が少ない時間帯に食べて、多い時間帯は食べないということが太らないための生活リズムになります。つまり夜遅く食べれば食べるほど太りやすいのです。

さらに朝方生活よりも夜型生活のほうが1日の消費カロリーが減るので、遅い時間に食べることが多かったり、夜型の生活をしていると同じ物を食べていても、朝型生活の人よりも太りやすいと言われます。

ところが、問題は、夜型の生活は自分だけの問題ではないことです。仕事や家庭の都合で、どうしても夕食の時間が遅くなってしまうことも多いと思います。

生活リズムをただしましょう、朝型生活をしましょう、と言われますが、それはあなたがコントロールできることではありません。仕事や家庭の事情で食べる時間帯が遅くなるのはあなたの責任ではないのに、それが太りやすい、というのはちょっとむかつきますよね。

テレビや雑誌の情報は、分かりやすいように、とにかく単純化されています。ちゃんと太るメカニズムを理解すれば、どんな時間帯に食べたとしても太らない食生活はできます。

BMAL1(ビーマルワン)の働きには例外もあって、BMAL1(ビーマルワン)が活発化する時間帯に食べたとしても、カロリーを脂肪に変えるホルモンであるインシュリンの分泌さえなければ太らないことも実験で明らかになっています。

つまり食べたあとの脂肪ホルモンをコントロールすることが大切なのです。そのためのいちばん簡単な方法は、食後に30分程度、ウォーキングなどの軽めの運動を行うことです。それだけでインシュリンはコントロールすることができて、同じカロリーの食事でも、脂肪の増えない食事になるのです。

もう一つ大切なのは、寝る前に、しっかりと食べ物を消化して胃を空っぽの状態で寝ることです。成長ホルモンなどの脂肪分解と燃焼を行うホルモンは夜寝ている間に分泌されますので、胃の中に食べ物が入っているだけで成長ホルモンの分泌を抑制してしまい、痩せにくい体質になってしまいます。

血糖値とホルモンをコントロールして寝る前に胃を空っぽにする、というふたつを意識することだけで、夜型生活であってもダイエットは十分可能なのです。