睡眠不足の肌ダメージを半減させる方法

睡眠不足の時こそ、肌をダメージから保護しないといけません。紫外線を避けることはもちろん、内臓のダメージを避ける食事活性酸素を除去する抗酸化栄養素の摂取が必要です。

睡眠不足の次の日は鏡を見るのも憂鬱ですね。化粧のりも悪くて、なんとなく輪郭もぼやっとして、全体的に皮膚が下に下がっているかもしれません。

皮膚が下がるのは表情筋の筋力が疲労によって低下したり、コラーゲンやエラスチンが十分に新陳代謝されていないからです。

多少の睡眠不足であれば、自然治癒力の範囲で回復できますので、睡眠不足を3日以上続けないことが大切です。

さらに、疲労が蓄積した状態は、免疫力も低下しています。肌の細胞も、内臓も、抵抗力がないので、紫外線や活性酸素のダメージがそのまま細胞を傷つけてしまう確率が高くなります。

そこで、睡眠不足など、疲労がちなときほど紫外線ケアなど、入念なケアが必要です。

元気を出したり疲れを回復することばかりに気をとられがちですが、肌にダメージを与えないためには、むしろ防御が大切です。日焼け止めはもちろんですが、普段以上に乾燥などにも気を遣いましょう。

さらに内部からのダメージにも用心しないといけません。まず内臓が弱っているので、消化に悪い動物性食品や添加物たっぷりのパンやインスタント食品はNGです。

食事を摂り過ぎると、内臓にダメージがありますし腸内環境も悪化しやすく、腸内で毒素が発生してしまいます。

ビタミンCやビタミンEなど、抗酸化ビタミンは必須です。植物性の抗酸化成分であるポリフェノールは活性酸素を除去して、肌ダメージを防いでくれます。