昔の体型に戻る方法:太りにくく痩せやすい体質を司る物質とは・・

lighter_1280
気がついたら、いつの間にか太ってしまい、以前だったら簡単に体重が落ちていたのに、今は思ったようにダイエットが進まない。。

だいたい30歳を超えたあたりから、多くの女性がダイエットの壁にぶつかるようになります。

なぜなら20歳をピークに代謝が下がり始め30歳頃には、目に見えるレベルで脂肪が落ちにくくなるからです。

代謝を行っているのは、わたしたちの体の細胞が作り出す体内酵素という物質です。体内酵素の生産量は放っておくと年々下がり続けてしまいます。60歳では体内酵素の活性は20歳と比べて半分になるとも言われます。

例えば、歳をとると油っこい物が食べられなくなりますよね?その理由も体内酵素の減少なのです。食べ物を消化するのは、胃液の中に入っている消化酵素というものですが消化酵素は体内酵素のうちの一部です。

油っこいものは消化酵素を大量に消費します。体内酵素の生産量自体が減っていくので、消化酵素も減りがちになりそれだけ消化力も落ちてしまうのです。

ダイエットを行う場合は、いかにしてカロリーを燃焼させるか、たまった脂肪をエネルギーにして燃焼させるか、というカロリー燃焼と脂肪燃焼という2つのポイントがあります。

カロリーを燃焼させるのは、糖質代謝という代謝活動ですが、年齢が上がると、まずこの糖質代謝が下がり始めます。

たとえば世界でいちばん糖質代謝が活発なのは10代の男子です

よく高校生の男の子がラーメンとチャーハンなどを食べてもまったく太らなかったりしますが、それだけの炭水化物を食べても太らないのは、糖質を燃やす、糖質代謝が活発だからです。

年齢が上がると、脂肪を燃やす脂質代謝という、脂肪をエネルギーに変える代謝活動も低下します。

アメリカの調査によると、肥満の人は、普通の人に比べて脂質代謝を司る、リパーゼという体内酵素が不足しているそうです。

年齢が上がると、リパーゼなどの酵素も生産量が落ちてしまうのでいちどついた脂肪が落ちにくくなったり、セルライトが消えなくなります。

若い頃のような、スムーズに痩せる体質に戻るためには、体内酵素を充電して、代謝活動を活発にすることが大切なのです。

まとめ・・・

できることなら昔の体型に戻りたい、と感じることもあると思います。

年齢が上がっても骨格が変わるわけでもないのに、いつの間にか太り出し、痩せられなくなってしまうのは年齢による代謝の低下がいちばん大きな原因です。

代謝を行っているのは、体内酵素という物質で、体内酵素は20歳をピークに減少し始め、平均的な生活レベルだと、30歳頃から太り始めることになります。

そうすると思ったようにダイエットが進みません。代謝を取り戻すためには体内酵素を補充してあげることが必要です。