過食体質を治す方法:お腹が減らない人の秘密

なんですぐにお腹が空くのだと思いますか?

中には朝から夜までトマト一個など、ほとんど食べないでも平気な人がいます。

なんでわたしたちだけお腹がすごく減るのか不思議だと思いませんか?

お腹が空くので、食べてしまうのは当たり前です。今よりお腹が減らなくなれば当然たべる量が減ります。

色々なダイエット方法がありますが全てのダイエットで食事制限は必要です。好きなだけ食べても痩せることは不可能です。

頭で分かっていても食べてしまう。食べたくないのに食べないではいられない。

そうやって悩んだこともあると思います。

明日から食事を減らそう、夜は食べないようにしよう、、そう決心したとしても、3時間後にお腹が空くとすべての計画や決心は無かったことになりませんか?

それは、わたしたちの食欲が『本能』なので『意志』や『努力』で抑えることができないのです。

すぐ食べてしまうのは、わたしたちの意志が弱いのでは無ありません。単純に、食欲を感じやすい『体質』になってしまっている可能性もあります。

「ちょっと待ってください、体質ということは、これからもずっと今のままですか?わたしは一生痩せることができないのですか?」

という疑問があると思いますが、安心してください。

すぐ食べ過ぎる『過食体質』を変えるのは簡単です。

すぐお腹が空いたり、食べ過ぎてしまうほど食欲が強くなるのは、『血糖値』という数字に秘密があります。

『血糖値』が不安定になると食欲が増えます。

逆に、『血糖値』が安定すれば食欲は減ります。

これまでに『血糖値』が不安定になる食事が多いと、体質的に血糖値が不安定になって食欲が増えてしまいます。

解決策は、これから常に『血糖値』が安定するような食事をすることです。

「血糖値を安定させる食事」

と言われてもピンと来ないと思いますが精進料理をイメージすると良いと思います。伝統的な和食もよいです。

お金も手間もかけられない場合、血糖値を安定させる成分を意識的に摂るのがいちばん確実です。具体的には、食物繊維は食事からの糖分の吸収を抑えることで血糖値を安定させてくれます。たんぱく質も少量であれば効果的です。

ただ、一番安上がりで、しかも確実なのは噛む回数を増やすことです。