本当は朝食を抜いても太らない?要は習慣の問題

朝食抜きは太る、とよく言われますが、それは嘘だと思います。朝ご飯を食べないと元気がでない、とも言われますがこれも嘘だと思います。

朝食抜きが太ると言われる原因の一つは朝食を抜くとその分昼ご飯を食べ過ぎてしまうから、という理由です。たしかに一度に大量の食事をする過食は太る原因になりますが、単純な話で、朝食を抜いても昼ご飯を食べ過ぎなければ太りません。

朝食を抜くと昼ご飯を食べ過ぎてしまう人の場合、もともと朝食を食べていた人が、突然朝食を抜いた、というケースがほとんです。普段から朝食抜きになれている人は食べ過ぎることはあまりないようです。朝食の置き換えを考えている人は安心してください。

朝ご飯を食べないと元気が出ない、というのも同じ理由で、毎日お腹いっぱい朝ご飯を食べていた人が突然朝食を抜いた場合、お腹が減って元気が出ません。

逆にいえば、朝食を抜いても、お腹がそれほど減らないのであれば特に集中力が出ない、ということはありません。

これらの実験では、もともと朝食を食べていた人が、突然朝食を抜いた場合の統計を取っていることがあります。

突然、今までと違うことをすれば、誰だって調子が狂ってしまいます。

朝食が良いか悪いか、というよりも、単純に生活リズムの問題なのです。

むしろ、晩ご飯が多かったり、時間が遅い人は朝起きた後、前日の食事から吸収されたエネルギーをしっかり使い切るように消費しないと、太ってしまいます。

夜8時以降に食事をすることが多い人は基本的に朝食をほとんど食べなくてもよいと思います。

ただし、エネルギーを使うための栄養素は必要です。つまり燃料に火をつけるライターのような役割が必要です。

そこで理想的なのはフルーツです。胃腸に負担をかけず吸収でき、ビタミン類も豊富だからです。朝のフルーツは金、と言われますが、これは本当だと思います