ポリフェノールがストレスから肌を守る:紫外線と活性酸素への対策

仕事が忙しかったり、毎日ストレスを感じていると肌の調子までおかしくなってきますよね。特に、若い頃は少しくらい寝なくても平気だったのに20代後半くらいからは、徐々に疲れが抜けなかったり朝起きたときのむくみがひどい、化粧のりが悪すぎるなど肌のコンディションが整わない日が増える人が多いみたいです。

一番の理由は新陳代謝の低下です。肌細胞は毎日生まれ変わっているので、新しい細胞ができなければ、古い細胞がそのままになってしまいます。その結果、保湿に大切なセラミドが劣化して水分量が低下したりコラーゲンが劣化して弾力がなくなってしまうのです

仕事でストレスが多いと肌は内部からもダメージを受けます。紫外線や排気ガスなど外部からのダメージは日焼け止めなどである程度ガードできますが、内部からのダメージは簡単には防ぐことはできません。

肌に内部からダメージを与える最大の要因は活性酸素です。活性酸素は細胞を酸化させてしまい、新陳代謝を乱したり主にセラミドで構成される細胞間脂質を酸化させてしまい本来の保湿機能を失わせてしまいます。

活性酸素の過剰発生を防ぐためには、よく言われるように規則正しい生活や食事、ストレスのない生活なのですが、はっきりいって、無理だと思います

現代の女性にとってはストレスを避けることは不可能なので、その分、発生してしまった活性酸素を除去したり、酸化してしまったコラーゲンやセラミドを修復するための抗酸化とアンチエイジングが必要になります

私たちの体の中には抗酸化作用のあるSODと呼ばれる酵素があります、体内酵素を活性化させることで、自己治癒力を高めることが大切です、

同時に抗酸化作用のある成分を積極的に摂取することです、抗酸化とは細胞のサビを落とすことです、が抗酸化作用のある栄養素はポリフェノールです。ポリフェノールは植物の葉っぱや皮などに含まれています

日々の食生活でビタミン・ミネラルなどの主要栄養素をしっかり摂取することは美容の基本ですが、日々のストレスを強く感じている女性ほど酵素とポリフェノールを意識的に摂取したほうがよいですね