過食体質を改善して小食体質になる方法

ついつい食べてしまうことが多いのは意志が弱いのではなく、体質でもありません。

ちょっとした工夫とトレーニングで過食体質から小食体質へ変化できるのです。

食べ過ぎてしまうのは、血糖値が下がって脳が飢餓感を感じているからです。

血糖値というのは血液中のカロリーなので食事で上昇して食べないと低下します。

空腹感を抑えるポイントは血糖値を急速に下げないことです。

血糖値は、緩やかに下がればそれほどお腹が減って苦しいということはありませんが、一気に下がると猛烈な空腹感を感じます。

一気に上がった血糖値は一気に下がります。ゆっくり上げれば、ゆっくり下がります。

血糖値の変動がゆるやかになれば空腹感自体が少なくなるので、食べる量が徐々に減っていきます。

その結果、我慢しなくてもカロリーを抑えたヘルシーで太らない食生活になっていくのです。

お腹を減りにくくするためにはどうすればよいのか?

つまり、血糖値の変動をゆるやかにするにはどうすればよいのか?

血糖値を上げすぎなければいいのです。

食事の量を減らしたり、ゆっくり食べることで徐々に血糖値の上昇幅を抑えていくことで、空腹感がつらく感じない体質に変わります

逆にお菓子やケーキや暴食を繰り返すことで空腹時の饑餓感が我慢できないほど高まり食べずにはいられない『過食体質』になります。

食べれば食べるほど、食べたくなるのです。

ただ、ゆっくり食べろ!小食にしろ!

と言われて、それができるのであれば初めから太らないと思います、、。

早食いの大食いだから太っています。

でも、早食いの大食いであっても太りにくくする方法があります。

むしろ痩せていく方法です。

早食いの大食いなのに精進料理を食べているようなヘルシーな食事になる方法です。

それは、食事と一緒に、食物繊維をとることです。

食物繊維には糖分の吸収を抑える血糖値抑制効果があります。

つまり、過食であっても大食いであっても少ない量をゆっくり食べたのと同じようなカロリーの吸収のされ方になるのです。