夜遅い食事でも太らない方法

clock_1280
夜遅い食事は太りやすい、夜型は太る、そう何度も聞かされてきました。

でもわたしは仕事から帰宅するのが22時、どうやっても物理的に18時や19時の食事は不可能です。

この生活じゃあどうやってもダイエットできない、なんでこんな仕事い就いちゃったんだろう、仕事や会社を恨んだこともありましたり、自分はずっとデブのままだと思っていたこともありました。

世のダイエット方法はだいたい9時5時とかの規則正しい生活をしている女性向けに作られています。

一人暮らしで、不規則な生活で、太りやすい体質の女にとってはやりたいけどできないことばかりでした。

でも夜遅い食事を食べながらでも痩せる方法はあります。

大切なのは、ダイエットの本質を理解することです。

夜遅いと太る理由はたしかにたくさんあります。

BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を作る細胞が活性化したり、DTIという消費カロリーが下がって脂肪が燃えにくかったり、10時~2時の成長ホルモンのゴールデンンタイムに睡眠をしっかりとることができないのもマイナスです。

それでも脂肪を作らなければ太りませんし、成長ホルモンは睡眠の時間帯だけで決まるわけでもありません。

脂肪を作らないために大切なのは食事時間以上に、睡眠時間帯に合わせた食事の内容です。かんたんに言えば、寝る前に胃を空っぽにすることです。

胃に食べ物が入った状態だと、インシュリンというホルモンが寝ている間に脂肪をどんどん作ってしまうだけでなく、ただでさえ少ない成長ホルモンの分泌も抑制されて脂肪が燃焼できなかったり、代謝が落ちて、さらに太りやすくなります。

食べ物の種類としては、フルーツなど消化時間の短いものを中心にして肉類などの消化が難しく胃腸に負担をかける食材はいっそのこと昼や朝に回してしまえばいいだけです。

太るメカニズムが分かれば痩せるもかんたんです。痩せるだけでなく体調が良くなったり、肌の調子もよくなります。大切なのは、あきらめず工夫することだと思います。