夜に間食しても太らない2つのルール

夜に間食しても太らない方法ってないの?

昔から、夜になると衝動的に食欲が出てしまいコンビニにかけこんではチョコレートやハーゲンダッツを食べ続けていたわたしにとって、間食しても太らない方法というのはすごく知りたいことでした。

間食したときに太ってしまう理由を調べたのですが、食べたものを脂肪に代えてしまうのはインシュリンというホルモンの働きと言われています。

インシュリンは食後の血糖値が高くなると分泌されます。食後、血糖値を上げないようにすればインシュリンの分泌をおさえることができて、脂肪蓄積をおさえることがきます。

食後の血糖値は30分くらいで一気に上昇するのでこのタイミングで血糖値を抑えるような工夫が必要になります。

いちばん簡単なのは、歩くことです。

早歩きくらいで、有酸素運動を行うことで血液中の糖分がエネルギーとして使われるので血糖値の急上昇をおさえることができます。

つまり、間食してしまっても直後に有酸素運動を行うように意識することで簡単にリセットできるのです。

夜の間食が太りやすい原因はもうひとつあって、胃に食べ物が残ったまま寝てしまうことです。

食べ物の種類によりますが、だいたい2時間から4時間くらい胃の中で食べ物が消化されるには時間がかかります。

つまり、寝る前は4時間ほど時間を空けておかないとやはり食べたものが脂肪になっって太ってしまいます。

夜の間食をしてしまった時は、気をつけるのはこの2点です食べた直後に有酸素運動を行うこと寝る前にできるだけ時間をあけることです。

シンプルなことですが、実際にやれば、まず太ることはないと思います。

夜に間食為ても太らないルールは二つです。一つは食べたすぐ後に有酸素運動をすること。もうひとつは食べた後、すぐに寝てしまわないことです。

食事を脂肪にかえてしまうのはインシュリンというホルモンです。脂肪蓄積ホルモンとも呼ばれ、食べた後や、食べものが胃に入ったまま睡眠に入ると大量に分泌されます。

間食で太りたくなければインシュリンの働きを抑えることが大切です。そのために有酸素運動やしばらく起きていてカロリーを燃焼させることが大切です。