夜型生活で太らないために大切なポイントは1つだけ:最新の遺伝子研究の結果

最近の遺伝子研究の結果、遅い夕食はやっぱり太りやすいという結果が明らかになってしまいました。

深夜に近づくとBMAL1(ビーマルワン)という細胞内物質が活発になり、脂肪を合成する働きが強まってしまうのです。

深夜2時がいちばんBMAL1(ビーマルワン)の働きが強くなるので、深夜2時に近い時間に食べるほど、太りやすくなるということです。

さらに、夜型の生活だと、消費カロリーも低下してしまいます。人間のからだには、基礎代謝の他にDITというカロリー消費があるのですが、朝方の生活と夜型の生活では、DITによるカロリー消費も落ちるので、やはり、夜型の生活や遅い夕食は太りやすい要因がたくさんあります。

ここまでは残念なお話ですが、じつは例外もあります。

そもそも脂肪がつく最大の原因はインシュリンというホルモンにあります。食事を食べ過ぎたり、胃にごはんが入ったまま眠ってしまうとインシュリンというホルモンが強烈に脂肪を合成してしまいます。

最近話題の炭水化物抜きダイエットや、糖質制限ダイエットは別名『低インシュリン』ダイエットと呼ばれますが、いかにしてインシュリンを分泌しないか、ということがあらゆるダイエットでいちばん重要なことなのです。

夕食が遅くなる時に、いちばんのネックは食事が消化されないまま、就寝時間を迎えてしまうことです。一般的にはダイエットによいとされる高たんぱく質・低脂肪の食事も遅い時間の夕食だと、たんぱく質が消化されるのに時間がかかりすぎるので太る要因になってしまういます。さらに胃腸にもダメージがあったり睡眠の質の低下につながってしまうのです。

夕食が遅い時間になる場合は、とにかくインシュリンの分泌をおさえるという1点に集中して生活や食事を組み立てると上手くいきます。

例えば夕食で肉などを食べると、間違いなく寝るまでに消化されないので昼ご飯にお肉を食べて、夜は野菜中心のサラダやスープにする、ということです。

お腹が空いてしまう場合は、夕食とは別に、仕事が終わった後などできるだけ早い時間におにぎりやサンドイッチを口にしておけば夕食自体は比較的少ないボリュームでも満足できるはずです。

それでも、夕食から就寝まで2時間くらい空けるのがベターなのですが、どうしても時間がとれない場合や、夕食をしっかり食べたい時など、食後に軽い運動をすることで、インシュリンを抑えることができます。ちょっと気を遣う必要はありますが、工夫次第でダイエットも十分可能です。