寝る前に食べてしまっても太らないための2つのルール

寝る前に食べる時間って気になりますよね。よく寝る前に食べると太るって言われるけどどのくらい起きていればいいのか、お腹が空くまで起きていた方がよいのか、迷ってしまいます。

不安なまま寝てしまうと、睡眠が浅くなってしまい、成長ホルモンが減ってしまったりします。ダイエットにも美容にも悪影響がありますので、はっきりと自分の中でルールを決めておいた方が良いでしょう。

わたしなりのルールを紹介したいと思います参考にしていただければ、うれしいです。

まず夜遅い食事は、軽めにしておくのが鉄則です。6時や7時などの早めの時間であればしっかり食べてもいいのですが9時、10時など、遅めの夕食や間食は少なめにしたほうがよいです。

夜はビーマルワンというホルモンが分泌されやすいので、食べたものが脂肪になりやすい時間帯だからです。ちなみにビーマルワンの影響で、夜中の2時に食べるのが一番太りやすいと言われています。つまり夜遅くなればなるほど、食事自体を軽めにしたほうがよいのです。

軽めにする、というのは当然なのですが、問題はメニューをどうするか、です。

同じ時間の食事であっても、メニュー次第で太りやすさが全く違いますメニューを選ぶときや食材を選ぶときに注意してほしいのは消化にかかる時間です。

食べ物によって消化時間は全く違っていて、おかゆなどは2時間程度で消化されますが、たんぱく質や脂肪分は、4時間から長ければ6時間ほどかかります。

夜の食事の場合、食べた後は睡眠になります。睡眠中に胃に食べ物が残っていると、エネルギーとして使う必要がないので、カロリーがそのまま脂肪として合成されてしまうといわれています。

つまり、夜の食事は、寝るまでにしっかり消化する必要があるのです。

わたしは、寝る前の時間から逆算してメニューを決めています。本当に寝る直前であれば、フルーツなどにします。フルーツはあらゆる食べ物でいちばん消化によいからです。

寝るまで2時間程度の場合は野菜と少量のごはんなど、比較的消化に良いものを選んでいます。

問題は、肉やチーズなどの乳製品です。消化にとても時間がかかってしまうので、寝るまでに最低4時間程度空けられない場合は、できるだけ避けた方が無難だと思います。

高タンパク低脂肪の食事は、ある程度時間が空けられる場合はダイエットにもよいのですが、時間がない場合は逆効果なのです。

まとめ・・・

寝る前に食べる場合、寝る何時間前に食べればよいのでしょうか。いろいろ調べたところ、寝る前に食べると太るのは消化と関係があるようです。

胃の中に食べ物が残っている状態だと、カロリーがそのまま脂肪として合成されてしまうと言われています。胃腸や内臓にもダメージがあります。

消化時間を考えると、寝る直前に食べても太りにくいものはフルーツです。肉などのたんぱく質や脂肪が多い食材は、消化に4時間以上はかかるのである程度時間があるときに食べるようにしています。