深夜のご飯で太るのを防ぐ方法

深夜のご飯は太るのは常識ですが、太りにくくすることはできます。まず消化に良いものを食べたり、低カロリーのものにすることですが、重い食事でも、食事を分解する酵素を補給すれば食事から脂肪が蓄積されるのを予防することができます。

深夜にお腹がすいたとき、何が食べたくなりますか?わたしは白いご飯です(笑)太るかも、と思いながらも誘惑に負けてしまうことも多々あります。

寝る前に食べると太る原因は、胃の中に食べ物が入った状態で睡眠に入るからです。

睡眠時に胃の中に食べ物が入っているとインシュリンという脂肪蓄積ホルモンが急ピッチで分泌されて、食事がそのまま脂肪になります。食べた分だけ太るということです。

太らない食生活で大切なこととして、寝る2時間前までには夕食を済ませる、ということですが、寝る前にしっかりと分解された食事は寝ている間や翌日以降にエネルギーになります。

ところが十分に消化されないまま寝るとそのまま脂肪になってしまうので太るのです。

10代や20代のうちは、消化も早いですし、エネルギー生産もスムーズなので、多少寝る前に食べ過ぎたとしても睡眠に入るまでの短い間に十分消化でき、それほど太ることはありません。

それが特に30代以降は、寝る前に食べた分がそのまま消化されずに、胃が満腹に近い状態で寝ることになります。その結果、簡単に太ります。

人によっては、深夜に食事した次の日の朝、顔や体がぱんぱんにむくんでしまう人もいるでしょう。

30歳から10代に戻ることはできませんが、一時的に10代の太りにくい体に戻すことができる魔法のような方法もあります。それが、消化酵素を補給してあげることです。消化を助け、代謝を上げることができるからです。