低カロリーで満腹感を得る方法|お腹いっぱいになる食品と成分

低カロリーでも満腹感のある食事とは何か?

それは、食物繊維を多く含む食事に他なりません。

食物繊維のうち、特に水溶性食物繊維は糖分を吸収して膨らむ性質があるので、お腹の中でカロリーが吸収されるのを抑えたり消化と吸収をゆっくりにしてくれます。

消化と吸収がゆっくりだと何がよいかというと、『血糖値』が上がらないのです。

『血糖値』とは血液中の糖分なのですがたとえばジュースを飲んだり、お菓子を食べると一瞬にして血糖値が上昇します。

すると、逆に血糖値を下げるための『インシュリン』というホルモンが出てカロリーを脂肪に変える働きをします。

つまり太るということです。

さらに恐ろしいことはお腹いっぱいに食べれば食べるほどその後の空腹感が酷くなるということです。

血糖値が急激に下がったときにわたしたちの体は『饑餓』状態だと認識します。

緊急事態警報が脳から発せられて何かを食べずにはいられない衝動が起こります。

そこで水溶性食物繊維を多めに摂ると、お腹の中で糖分がすぐには吸収されずにインシュリンが出るのをブロックしてくれます。

インシュリンが出ないので脂肪が溜まらず、さらにお腹が減りにくくなるという2重の意味で痩せやすくなります。

野菜を食べると痩せる。

というのは間違いではありませんが食べ方やタイミングが重要です。

せっかく食べるのであればご飯などの『前』に食べることで食物繊維が最高の働きをしてくれます。

逆に、同じカロリーでもお菓子だけを食べた後、野菜だけを食べるような食事であれば全く痩せません。お菓子はそのまま脂肪になってしまいます。

食べる量よりも、カロリーよりも『食べ合わせ』が大切です。