毎日深夜マックで3キロ太った|意外な高カロリーメニューに注意

私は、週に5回以上深夜のマックで食事をしていた時期があります。仕事の関係で帰宅が24時前後になってしまうので、ほかにあいているお店がほとんどなくて、お金もなかったからです。

はじめはセットメニューを中心に食べていたのですが、最初の一ヶ月で3キロ太って、さすがにやばいと感じたのでマックの中でも太らないメニューを探すようになりました(笑)

意外なことですが、マックの看板メニューであるハンバーガー系は、ほとんど「太らない」メニューに分類されると思います。肉も霜降りの国産牛などを使っているわけでもないのでそれほど脂肪分がたっぷり、というわけではありません。てりやきバーガーは少々太りやすいですが、ベーコンチーズバーガーとか、意外とヘルシーかもしれません。

絶対に食べてはいけないのはポテトです。セットでも、ハンバーガーよりもポテトのほうがカロリーは高いんです。しかもポテトはジャガイモのでんぷんの揚げ物です。脂分と糖質(でんぶん)の組み合わせは太りやすいものの筆頭です。油とでんぷんだけで、他の栄養素がないので、脂肪になりやすいです。

次に避けるべきメニューはシェイクになります。アメリカで太る飲み物の実験を行ったところ、甘いだけの飲み物よりも、甘くてこってりした飲み物を好む人が一番太りやすい傾向にあるという結果が出ていました。つまりシェイクのような飲み物が一番太りやすいということです。

わたしはとにかくポテトとシェイクは食べないようにしてから、夜中のマックでも太ることがなくなりました。おなかが減ったときはビッグマックとか、ハンバーガー二個とか、けっこう思いっきり食べていましたが、それでも大丈夫でした。どうしてもファーストフードや深夜の食事が多い人は参考にしてみてください。