夕食が遅い時間になる場合は1日3.5食がおすすめ

weight-meter_1280
わたしはダイエット情報を読むたびにイラッとすることがあります。それは一般的なダイエット方法が、朝9時から仕事をして夕方5時には仕事が終わるような生活をしている女性ばかりを対象にしていることです。

たとえば、糖質制限ダイエットなど、たんぱく質を多めに食べる食事は夕方6時、7時に食べる分には、やせる効果が高いのですが、夜9時、10時の食事だったり、食べてから寝るまでの時間が短い生活だと、胃の中に食べ物が入ったまま睡眠に入ってしまうのでかなり太りやすい食事になってしまいます。

ちなみに、たんぱく質や脂肪は、消化に4時間から6時間かかります。夜7時にご飯を食べて、12時に寝るのであればほぼ問題ないですが、夜10時に食べて1時に寝る、というような生活だとはっきりいって問題ありありなのです。

ただ、残念なことに夜遅い生活のほうが太りやすいのは事実です。

夜の食事は太りやすい、と言われますが最近の遺伝子レベルの研究からも、夜遅い時間に食事をとると太りやすい、ということが実証されてきています。

食べて太りやすい時間、太りにくい時間を決めているのはBMAL1(ビーマルワン)という物質で、研究によると夜中の二時がいちばん太りやすい時間帯だそうです。

夜遅くの食事が肥満につながりやすいのはBMAL1(ビーマルワン)の働きだけでなく、例えば、胃の中に食事が入ったまま眠ってしまうとインシュリンが食べた物をそのまま脂肪として合成してしまいます。

さらに太る要因になるばかりか、睡眠時無呼吸症候群のような、日常生活に支障を来す症状につながってしまうことも指摘されているんです。

夜型生活の女性がやせるためには、それなりに工夫をしないといけません。まず問題は夕食から寝るまでの時間が短いことです。

わたしが、まずおすすめしたいのは、仕事が終わったらすぐに、軽食を食べることです。カロリーメイトやソイジョイがおすすめですが、サンドイッチやおにぎりでもいいので、少しだけ仕事が終わったら食べるようにしましょう。

あらかじめ食べておくことで、空腹感を和らげることができるので夕食はかなり少なめに済ますことができます。

夕食のメニューも肉やこってりした味付けを避けて野菜中心の食事にすることで、消化もスムーズで寝ている間に太るようなことを防止できますよ