目の下のくまの原因を取り除くために水を飲む

睡眠不足だとくまができますよね。くまの原因はメラニンですが、睡眠不足が続くと目の下の毛細血管が血行不良を起こして、栄養素の供給や老廃物の排泄が滞ります。その結果、メラニンの分解や排泄がされずに皮膚が黒ずんでしまうのです。

メラニンの分解・排泄が滞るのは、目の下の皮膚が薄いところだけでなく肌全体に起こっていることなので、くまが残ると言うことは肌全体がくすむことにもつながっています。

メラニンは長期間肌にとどまっていると定着してしまうので、定期的に肌を休めたり、老廃物を排泄させるケアが必要です。

そのためには、睡眠不足を3日以上続けないことが大切です。時々、寝不足になるのはしかたがないですが、次の日や週の真ん中でしっかり眠る日をつくることでメラニンの定着を防ぐことができます。

日頃から、血行不良を防いだり、血流を良くする習慣を持つことも大切です。血行をよくするのは、運動や半身浴などをイメージすると思いますが、それ以前に大切なのは、良質の水分を大量に摂取することです。

肌は体内で水分が最初に失われていく部分なので肌の水分量をキープするためには、オフィスワークの女性でも一日、2.5リットルの水分が必要だと言われます。

食事に含まれる水分を考えても、一日、1.5リットルから2リットルの良質の水分を摂取することを意識しましょう。

わたしたちのからだの血管は、93%が毛細血管です。水分が十分にないと、肌表面の毛細血管に栄養素が届きません。

十分な水分と一緒に良質な栄養素を摂取することではじめて肌に栄養が届きます。