遺伝子で決まる太りやすい食事時間帯|太りにくい夕食の秘訣

同じ夕食でも食べる時間帯によって脂肪になる確率は変わってきます。具体的には夜2時がいちばん太る時間帯と言われています。

BMAL1(ビーマルワン)という遺伝子物質の働きによって脂肪合成がいちばん進みやすいのが夜2時だからです。夜2時に近いほど太りやすいということです。

一般的に夜8時までに夕食を食べた方がダイエットによいといわれます。その理由は、食べたのが8時でも、実際には消化の時間がかかるからです。消化にかかる時間は、たんぱく質や脂肪分だと4時間とも6時間とも言われています。

帰宅が遅い女性の中には夕食の時間が10時など、かなり遅くなってしまう人も多いと思います。わたし自身が帰宅が10時、食事は11時前だったので消化の時間を考えると、まさにBMAL1(ビーマルワン)が活動する真っ最中にカロリーを吸収していました。そして、実際に太っていってしまいました・・・

仕事が遅くまであると、どうしても夕食が遅くなります。夕食というか、夜食ですよね。

わたしはできるだけ深夜の食事を減らすために仕事が終わる9時前に、すぐにちょっとしたものを食べるようにしました。そうすると自宅に帰るころにはある程度お腹が満たされた状態なので夕食も、それほどのボリュームがなくても満足できるようになりました。

仕事後のおやつには、カロリーメイトやソイジョイが多かったですが、本当はいちばんおすすめはフルーツです。最近はコンビニでバナナなども売っているので、電車の時間を一本遅らせても、バナナを食べるのがおすすめですまあ、コンビニの外で女性が一人でバナナを食べているのはけっこう異様な光景なので、かなり恥ずかしいですけどね・・

自宅の食事の後は、夜遅い人用のサプリを飲んだり、外出できる日であればがんばって有酸素運動もやりました。あまりきつい運動だと、食後はカラダに悪いのですが、軽いウォーキング程度であれば、血糖値を安定させてくれて脂肪合成を防いでくれるので、かなりおすすめです。

夜が遅いと、遺伝子的にどうしても太りやすいのは事実なので、それを跳ね返すだけの自己コントロールと努力が必要です。でもその努力は報われると思いますよ。