食べた物がそのまま脂肪になる年齢

Woman playing with Bengal Cats
食べた食事は、若い頃は脂肪にならずにエネルギーになりますが、特に30歳以降はエネルギーにならずにそのまま脂肪として蓄積され、体重増加につながってしまう可能性が高くなります。

お腹いっぱいまで食べて後悔することもありますよね。そのときに、その分運動してカロリーとして燃焼させようとするかもしれません。

ところが、特に30代以降は、食べてすぐに運動してもなかなか燃焼できないようになります。それどころが、胃腸に負担がかかって胃もたれしやすくなったり、消化不良をおこしやすくなってしまいます。

糖代謝という炭水化物や糖質をエネルギーにかえる活動は年齢によって低下してしまいます。

10代や20代の頃は、お腹いっぱいまで食べてもそれがすぐにエネルギーになってくれるので、簡単には太りません。

年齢が上がるほど、食事をエネルギーに変換する活動が低下するので食べ過ぎた後のリセットが困難になります。

食事をエネルギーに変えるのは代謝ですが代謝活動は10代から20歳ごろをピークに衰えはじめ30歳頃からはさらに猛スピードで低下していきます。

昔は、食べても太らなかった人が、年齢によって、食べれば食べた分だけ太るという状態に変わってしまうのです。

代謝が落ちるのは、体内酵素の減少が原因です。体内酵素は、消化・吸収・エネルギー生産というすべての活動を行っていますが、体内酵素が減少すると、エネルギー生産まで行うだけの酵素がありません。

そのため食事が消化・吸収の段階で止まってしまい、食べた分が、エネルギーになることがなく単純に体脂肪に蓄積されてしまうようになるのです。

食事を消化→吸収→エネルギーまで、スムーズに変えるためには、食べ過ぎないことも大事ですが、体内酵素を増やしてあげることで10代のように、太りにくい状態に近づくこともできると言われています。