脂肪燃焼サプリは運動しない人にはオススメできない理由

gym-orange_1280
脂肪を燃焼させるのは、かなり大変です。

もともとわたしたちの体は脂肪をため込むように出来ています。

DNAが脂肪をつけろ、脂肪を溜めろ、と命令しています。

人類は食料不足の自体が何万年も続いたので、いざというときに、命を守るために脂肪をつける仕組みになっています。

実際に雪山で遭難したときは、痩せている人よりも太っている人の方が生存率が高いと言われています。

ただ、現代の生活だと、食糧不足で死にそうになることも、雪山で遭難することも滅多にないので、単純にデブなだけです。

脂肪は雪山で遭難したときの最後の栄養素として、体に蓄えられているので最後の最後まで燃焼しないようになっています。

例えば、ジョギングやウォーキングでも、ジョギングなら30分、ウォーキングなら2時間などかなり長時間の運動をしないと脂肪は燃えないと言われます。

なぜなら、最初の糖分が燃えて、次に筋肉が燃えて、最後に脂肪が燃えるという順番でエネルギーに変わっていくからです。

女性は特に脂肪をエネルギーに変える脂質代謝という体の機能が低いので、かなり長時間運動しないと運動で脂肪を燃やすのは困難だと言われています。

そこで、脂肪燃焼を助けるダイエットサプリが登場するのですが、ダイエットサプリだけで脂肪が燃えるわけではありません。

基本的に、脂肪をエネルギーに変える脂質代謝を高めるのがダイエットサプリです。

つまり、毎日2時間ウォーキングしたとして、一ヶ月で3キロ痩せるところを、3、5キロ痩せるようにダイエットの効率を上げるのがダイエットサプリの効能です。

運動しないと意味がありません。

すでに運動の習慣がある人が飲むのはおすすめですが、毎日ジムに通ったり、2時間ウォーキングしたりするくらい、しっかりと運動の習慣がない人が摂っても効果は薄いです。

逆に言うと、運動の習慣がある人にはオススメです。

運動しない人の場合、むしろ、脂肪が入ってくる分を減らす方が効率的です。

脂肪が溜まるメカニズムとして、まず脂肪分は吸収されるとそのまま体脂肪になります。次にごはんなどの糖質は、余った分が脂肪に変わります。

体脂肪を減らすためには、脂肪の吸収を抑制するだけでなく、糖質の吸収も抑制しないと最終的に脂肪が減りません。