断食はお酒による肝臓の疲れもリセットする

お酒で太る人は多いですが、お酒自体で太るよりも肝臓に疲労が溜まった結果、太りやすい体質になってしまうことが多いようです。

肝臓は、アルコールなど、毒素の分解を行うのと同時に食事から摂取した脂肪などの栄養素を、体に必要な形に作り替える役割も果たしています。

アルコール摂取量が増えると、肝臓は毒素の分解に忙しくなり疲労してしまいます。そうすると本来の働きである、脂肪を作り替える工場の働きが弱くなり少しずつ、肝臓に脂肪が溜まるようになります。これが脂肪肝です。

脂肪肝などの内臓太りの問題は、単に太っているだけでなく栄養がうまく体内に行き渡っていないことです。肝臓の役割は、もともとは体中に栄養を行き渡らせることなので肝臓が弱くなることで、体中の細胞に供給される栄養の質も落ちてしまうのです。さらに毒素の分解能力も徐々に落ちていくので、体内は質の悪い栄養素と毒素でどんどん汚染されてしまいます。

肝臓が弱っている人は独特の臭いがします。脂肪が腐ったような臭い、と言われますが、体内で発生する活性酸素が脂肪分を酸化させてしまうことで過酸化脂質という臭いの原因が大量発生している可能性が高いです。

肝臓にダメージを与えるのはアルコールだけではありません。実は、肉食や脂肪分の多い食事など、重い食事もかなりのダメージです。フォアグラは、ダチョウなどの脂肪肝ですが、アルコールではなく脂肪分の多い食事を増やすことで脂肪肝にさせます。

肝臓を休めるためには断食など、食事をしない時間帯や期間を設けることが、大切だと言われています。断食により胃や腸などの消化器系が休息できるのはもちろんですが、胃腸よりも、さらに休息を必要としているのが肝臓です。断食後、独特の体臭がなくなる人もいますが、肝臓のデトックス効果が出たのだと思います。