食事制限ダイエットが失敗するメカニズム

man-depressed_1280
ダイエットのために食事を我慢している人には残念なお知らせですが、、ただ我慢して食事制限しても、ほとんど痩せません。。これを知ったときは、わたしもかなりショックでしたが、事実みたいです。

周りを見渡してみると、そんなに我慢していないのに太りにくい人、かなり我慢しているのに痩せない人がいると思います。

食事を我慢しても痩せない理由は、からだが糖分に依存しているからです。長い間、甘い物や白いもの、ご飯やパンやパスタなどを食べ過ぎる生活を送っていると、糖分がないと辛い空腹感を感じるようになります。

例えば砂糖は食べてすぐ、急速に血液中に糖分が流れ込んで血糖値が上がります。急速に上がった血糖値は、急速に下げようとからだが反応するので、食べた後、しばらくすると、今度は血液中の糖分が少なくなる低血糖になります。

低血糖状態になると、強烈な空腹感を感じるので、何か食べないといられない過食が起こりやすくなります。つまり、糖分中心の生活を続けてきたわたしやあなたは、ほっておくと食べてしまう過食傾向になっているのです。

逆に太りにくい人は、糖分に依存していません。そのため過食が起こりにくく、適度な量の食事で満足できるので過食することなく、ほっておいても太りませ。ん我慢する必要がない、ということです。

さらに同じ量の食事を食べても、普段から低血糖状態にある太りやすい人はからだが一気に糖分を吸収しようとしてしまいます。その時、脂肪蓄積ホルモンであるインシュリンが分泌されて、さらにはインシュリンの過剰分泌は、睡眠中の成長ホルモンの分泌が阻害されます。成長ホルモンは脂肪を燃やすので、成長ホルモンが減るとやはり脂肪が蓄積されやすくなります。

太りやすい人は、我慢しないといけないだけでなく、同じ食事を食べても太りやすいという、何重ものハンデがあります。ほとんどの人は意志がそこまで強くありませんので辛くて効果の出にくいダイエット生活を長期間続けられません。結果的に、途中で挫折してしまったり、リバウンドします。

今まで太ってた期間が長い人ほど、体質改善が必要です。我慢しなくても太らない、痩せやすい体質に変わることを目指す方が結果的に近道だとわたしは思います。