食べ過ぎてもダイエットに挫折しない方法:成功の9割は準備にかかっている

waist_1280
衝動的に食べ過ぎてしまって後悔を感じている時、そのまま放置してしまったり、寝てしまうことでさらに太る結果につながってしまいます。

成長ホルモンの分泌を妨げたり、新陳代謝が落ちるので美容にも悪影響があります。

大切なのは、食べ過ぎた場合に備えて準備しておくことです。

食べ過ぎてしまったときの対処方法をあらかじめ用意しておくことがいちばん大切です。

ダイエットの失敗の9割は準備不足と言われています。

だれでも失敗することはあります。太らない人、ダイエットに成功する人たちも何かしらの準備をしています。

衝動的に食べ過ぎてしまった時、、

ダイエット中なのに、食べてしまうと罪悪感があります。やっぱり自分は痩せられないんだと、自己嫌悪を感じるかもしれません。

でも、ぞの自己嫌悪があなたを太らせる原因にもなっています。

後悔したり、罪悪感を感じると、怒りの感情があります。自分を許せない、自分を責める気持ちがあると思います。

そのような気持ちは、ストレスを自分に与えてしまいます。ノルアドレナリンを刺激してしまい、交感神経優位の状態になります。そのままの状態で眠ってしまうと、睡眠が浅くなって、成長ホルモンが減り、新陳代謝が低下してしまいます。

成長ホルモンは脂肪を燃やす働きもあるので、本来、燃えるはずだった脂肪が燃えなくなってしまいます。

もともと、食べ過ぎてしまった後、すぐ寝ると太りやすいのはインシュリンという脂肪蓄積ホルモンが大量分泌されるからです。

胃の中に食べ物が入っている状態で寝ると、睡眠中はエネルギーを使う必要性が低いので食べた分は使わずに、そのまま体に脂肪として蓄積するように遺伝子が働いてしまうのです。

夜遅く食べてしまっても、食べた後、脂肪を蓄積しない工夫を行うことで食べ過ぎで太ることを防止することもできます。

食べ過ぎた、と思ったとき、やってほしいのはまず有酸素運動です。筋トレなど激しい運動はNGですが、ウォーキングなどを行うことで脂肪が蓄積されるのを防ぐことができます。

食事にもよりますが、タイムリミットは30分だと言われます。食べ過ぎた後は、できるだけ30分以内に外に出て散歩これを習慣にするだけでも、だいぶ違います。

念のため食べ過ぎた時用のダイエットサプリなどを用意しておく方法もあります。

いちばんいけないのは、罪悪感を抱えたまま、寝てしまうことです。次の日の活動も落ちてしまいますし、体重だけでなく、肌の状態などにも悪影響があります。後悔しているとデブでブスになるということです。

なにかしら、自分なりのルールを決めておくことが必要です。食べ過ぎた後は有酸素運動をする、食べ過ぎた後はこのサプリを飲む、ということです。

誰でも失敗はあります、100パーセント自分を管理出来る人はいません。問題は失敗したまま放置してしまうか、失敗したときのために対処方法を用意しておくか、それだけの違いです。