痩せる薬の効果って?夢と現実のギャップに愕然

child-boy_1280
『痩せ薬』

なんて美しい響きでしょう(笑)

自分ではダイエット、がんばってるつもりです・・食事の量にもカロリーにも気を遣って、できるだけ歩くようにしていますでも、思ったように体重が落ちてくれません。

もし、痩せる薬があったらな・・何度、妄想したか分かりません。

で、薬で痩せる方法を色々調べました。だって痩せたいから。

1.食欲を抑える
2.脂肪を燃やす
3.カロリーや脂肪の吸収を抑える

大きく分けると、この3つのようです。

1.食欲を抑える薬

まず食べなきゃ痩せるっていうことで食欲を抑えるタイプの薬があります。

ちょっと難しく言うと、ドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質に作用して、食欲をなくす薬です。

脳に作用して食欲をなくすらしいですが、海外では死亡事故もあるようですし、ちょっと怖いです。

脳の働き自体をコントロールするっていうのは色々とリスクがあるみたいです。

2.脂肪を燃やす薬

代謝を上げて、脂肪燃焼を燃やす効果があると言われます。薬というよりサプリメントに入っていることが多く、安全性は高いですが、ダイエットにはっきり効果があるかどうかは、個人的にかなり微妙です。

いちばん確実に効果があると言われるのが、カフェインです。

つまりコーヒーやお茶を飲めば痩せる、ということですが、実際問題コーヒーやお茶で痩せましたか?

まあ、そのくらいの効果だということです・・・

他にも、肉に入っている、Lカルニチンとか、身近なところではショウガや、トウガラシのカプサイシンとかで、脂肪燃焼を助けるサプリには、これらの成分の組み合わせになっていることが多いです。

最大の問題は、燃焼系サプリは運動しないと意味がないということです。

ただ、血行はよくなる感じはするので、直接ダイエットによいというよりも、体全体の健康を向上させる効果はあるように感じます。

ただ、その前にやることがあります。

それは便秘を解消することです。便秘だと超太りやすいですし、超痩せにくいです。

とんなに食事制限しても運動しても痩せない人はかなり便秘が原因である確率が高いです。

逆に下痢症には肥満の人はほとんどいません。下痢症の人が下痢症を治すと必ず太るそうです。

排便回数が多いほど痩せやすい。

というのは事実だと思います。

3.カロリーや脂肪の吸収を抑える薬

『ゼ○カル』って聞いたことありますか?

脂肪の吸収を抑える薬で、日本では販売されていないので、個人輸入する人も多いようです。

確実に効果があると言われますが、その効果というは、脂肪の吸収を30%抑える、というものです。

残念なのは脂肪の吸収がゼロになる、というわけではないんですよね・・。しかも糖質は吸収されるので、カロリーが30%下がるわけではないんですよね・・。

そして、個人輸入する場合、かなり高いです。1箱5000円から、買い方によっては1万円以上の値段がするようです。1箱48錠入りなので、一ヶ月に1万から2万は必要な計算です。

目に見える副作用はないと言われますが、ゼニカルの仕組みとしては、『酵素阻害剤』といって、体の酵素の働きを邪魔することで、脂肪を分解しないようにします。

個人的には、体に悪そうでちょっと手が出ませんでした。
金銭的にも(笑)難しいところですね。

気になる人は体験談を探してみるとよいと思います。