水を飲むだけで消費カロリーが30%上昇する?

運動するよりも100倍簡単なカロリー燃焼方法があります。

その方法とは、水を飲むことです。

1日に1.5リットルの常温の水を毎日飲むことでなんと消費カロリーが30パーセントも上昇すると言われているのです。

ダイエットしたい人が水を飲まないのが不思議なくらいです。

おそらく冷えたり、頻尿になってしまうことを恐れているかもしれませんが、水を飲むことでそれ以上のメリットがたくさんあります。

冷え性は末端の血行不良が原因なので、水を飲むことで血液が増えて、血行がよくなり、むしろ冷えも改善します。

たしかに冷水だと内臓にダメージがありますが、常温の水、冬場は少しだけ暖めた水であれば、問題ありません。

ちなみに、基礎代謝は10代後半をピークに年々低下してきます。その分消費カロリーが減っていくので、同じ物を食べても、エネルギーとして燃焼されずに脂肪になります。

同じ食生活を続けていると、ある時点から徐々に太りだし、毎日、少しずつ脂肪が蓄積されていきます気がつかないうちに中年体型になってしまいます。

最近、急に太りだした、と感じているとしたらおそらく、基礎代謝の低下により、摂取カロリーにエネルギー生産が追いつかなくなっています。

年齢が上がるほど、代謝を下げないためのケアが大切になります。水を飲むことは、そのうちのひとつで、最重要項目だと思います。

代謝を行っているのは、体内酵素と呼ばれる、わたしたちの細胞が作り出す物質です。この代謝酵素が20歳から減少していくので、代謝活動が徐々に落ちていき、太りやすい体質になります。

基礎代謝は年々落ちていきます。ある時点で、摂取エネルギーが消費エネルギーを超えてしまうと、毎日少しずつ脂肪が蓄積され、気がついたときには手遅れなほど太ってしまいます。

体内酵素は十分に水分がないと活性化しないので、その点でも水分摂取は大切なのです。

代謝が悪いと、いくらカロリー計算しても痩せないことがありますわたしの友人には、1日300キロカロリーでも痩せなかった人もいます。便秘や水分不足が影響していたと思います。

そのほかにも、代謝を上げるためには、消化に良い物を食べることも大事です。わたしたちが食べ物を消化するときには、消化酵素が分泌されますが、消化酵素が増えると、その分、代謝を行う体内酵素が不足すると言われているからです。