下半身だけ痩せない|部分太りの原因と対策

部分太りがなかなか解消されずに悩んでいる人は多いと思います。わたしは下半身太りと顔に贅肉がつきやすいのが悩みでした。体重が減っても、一部分だけ痩せにくい場合は、いろいろな原因がありますが、基本的に巡りが悪いです。

たとえば下半身ぶとりの原因のひとつとして、多くの人は骨盤が傾いていたりゆがんでいますが、骨盤がゆがむことで、本来使うべき筋肉がつかわれず、部分的に代謝が悪くなり、血液の循環も悪くなります。その結果、脂肪がたまりやすくなります。むくみも出やすい状態になります。

骨盤などの骨格的な問題があれば、まず痩せません。骨盤矯正の本もグッズもたくさん売っていますので、最初に取り組むべき課題です。

次に筋肉です。骨格の問題を解決した上で下半身太りであれば、ストレッチやウォーキング、顔の下膨れであれば表情筋トレーニングなどを行います。

順番は大事です。まず骨格を整えて次に筋肉です。

この段階で十分な栄養をとることも必要です。脂肪燃焼をサポートして、老廃物を流すため代謝サポートに役立つ栄養素をしっかりとりましょう。

代謝サポート、というとジンジャーや唐辛子などの、ホット系のイメージがありますが、一時的に汗を出すなら別ですが、太りにくい体になるためには、単純に体温を上げる効果を期待するんではなく細胞デトックスに効果のある栄養素が大切になります。

細胞レベルでデトックスに効果の高いのは、ポリフェノールやカロテノイドなどの植物性栄養素です。抗酸化効果といって、細胞にこびりついた錆びを落とす効果があります。細胞の錆びは、過酸化資質と呼ばれる酸化した油ですが、過酸化資質は肥満だけでなく、肌荒れや体臭の原因でもあります。

抗酸化物質はフルーツや野菜などに多く含まれています。緑茶に入っているカテキンや、トマトのリコピンなどほとんどの体によい、と言われる植物に入っていますが、精製された小麦を使ったパンや白米のご飯、肉類ではほとんどとれませんので、生野菜や生フルーツ、そして発酵食品を多めにとりましょう。