代謝を下げない方法:太りにくい体質を維持するために必要なこと

昔と体型、体質の変化を感じる場合、その原因は代謝の低下によるものがほとんどです。

■なぜ太るのか

たとえば、炭水化物のカロリーをエネルギーに転換して、カロリーを消費するのは糖質代謝という活動です。

皮下脂肪やセルライトを分解して、燃焼させるのは脂質代謝という代謝活動です。

これらの活動量が年々低下していくので、それまでと同じような生活、同じようなメニュー、食事量だったとしてもだいたい30歳前後になると、分岐点がやってきます。

それまでは全く太らなかった人でも、肥満スパイラルに入ります。少しずつ脂肪が増加していき、気がつくと肥満体になってしまう可能性があります。

一度太り出すと、人間の体にはホメオスタシスという慣性の法則が働くので、なかなか以前のような痩せ形に戻すのは困難です。

■代謝を下げない生活

太り出した、以前と同じように体重が落ちないと感じたら、すでに危険領域に入っているかもしれません。

20代の頃はいくら食べても太らなかった人は自分が太らない体質と思いがちですが、その体質は一生続くわけではないのです。

逆に、いつまでも20代のような体型をキープしている人は本人が意識するしないに関わらず、代謝を下げない習慣を持っています。

例えば、水を飲むことです。一日、1.5リットルの水を飲むことで、飲まない状態に比べて消費かロリーが30パーセントもアップすると言われています。

逆に、何もしなければ、年々、確実に代謝は下がっていきます。体内で代謝活動を行っているのは、体内酵素と呼ばれる物質です体内酵素はわたしたちの体の60兆個の細胞が作り出す物質です。

この体内酵素は年齢が上がるに従って減少していくので、体内酵素を減らさないことが、代謝を落とさないキーポイントになります。

体内酵素を減らさないためには、水を含む、栄養素を欠かさないことや、逆に、揚げ物やインスタント食品など、体を酸化させる食品をできるだけ避けることも大切です。

揚げ物は、酸化した油である過酸化脂質が大量に含まれ、インスタント食品やお菓子には、体内酵素を消耗させる添加物が含まれます。

代謝活動を下げないためには、食生活を変えることや、代謝を行うのに必要な体内酵素を増やすことが必要になります。一度太り出すと肥満スパイラルによって、今度は痩せにくくなってきます。逆に代謝酵素を豊富にキープすることで太りにくい体質をキープできるのです。