飲み会で暴飲暴食した後に必ずやるべきこと2つ

飲み会で食べ過ぎたらどうしますか?お酒の席だからしょうがない、と思っていると翌日以降に後悔することになります。

食べ過ぎも飲み過ぎもよくありませんが、過食とアルコールは重なることで、太る要素が重なるのです。

飲み会がきっかけになってダイエットに失敗する人はかなりいます。

飲み会のあと、ちょっとだけ、脂肪を溜めない習慣を持つことで飲み会があっても、ダイエットに影響しないよう工夫しましょう。

・・・・・飲み会だと、お酒が入っていることもあり、どうしても食べ過ぎてしまいます。

そんなときはどうすればいいか?食べ過ぎも飲み過ぎも太る原因になりますが、両方が重なると、ものすごい太る原因になります。

お酒をよく飲む人には太っている人が多いですが、その理由のひとつは、お酒と過食のダメージが重なっているからです。

種類にもよりますが、アルコール自体にはそれほどカロリーがなくてもアルコールの分解のためにからだの代謝機能が落ちてしまいます。

そこに食べ物のカロリーオーバーが重なることで余分なカロリーを代謝で燃焼させることができずにそのまま脂肪にしてしまうのです。

お酒は自己コントロールを弱らせてしまうのでさらに過食が進む傾向にもあります。

基本的にダイエット中はお酒も控えめにするのが鉄則ですが、どうしても断れない飲み会もあると思います。

特にお酒が入っている時は太らないためには、飲み会の「直後」に努力しましょう。

まず、できるだけ帰り道に歩くなどとにかくからだを動かすことが大切です。

胃の中に食べ物が入ったまま眠ってしまうと食べた物がそのまま脂肪に変わってしまうので、最初の段階でエネルギーとして燃やしておくことが翌日以降に後悔を残さないために大切です。

次に、できるだけ水を飲むことです。水はかなり多めに飲んだ方がいいです。わたしは、飲み会の後は最低でも500ミリ以上は飲むようにしています。

水を飲むことで、アルコールの排泄をスムーズにします。アルコールが体内に残っていると内臓からはアルコールを分解するためにアルコール分解酵素が出るのですが、その間は、カラダの活動量は大幅に低下してしまいます。

二日酔いの状態というのは、かなりだるいと思います。それはアルコールの分解にからだの機能のほとんどを使ってしまっているからです。

お酒を頻繁に飲む人は、お酒自体で太るというよりも、お酒の分解のために新陳代謝や活動量が低下して食べ物のカロリーを燃焼できないために太ります。

飲み会のあとは、すぐにからだを動かすこと、しっかり水分をとることを意識するだけでも、全く違うはずです。