食べ過ぎた翌日の過ごし方:48時間以内リセットのポイント

食べ過ぎた翌日のリセット方法をしっかり決めておきましょう。食べ過ぎはもちろん良くないのですが、どうしても、つい暴食してしまったり、夜中に甘い物が欲しくなることがあります。

そんなときも、食べてすぐに摂取カロリーを燃焼させたり、食べてから48時間以内に、リセットできれば、ダイエット自体に失敗したり、太りすぎることはないと思います。

脂肪は長い間たまると燃えにくくなるので、できるだけ早い段階でのリセットが大切です。

食べ過ぎた当日に有酸素運動を行うことでリセットするのがいちばんよいのですが、次の日までには、しっかり燃焼させておくことが大事です。

食べ過ぎた翌日に、一番大切なのは、『空腹感を感じる』ことです。空腹感を感じると脂肪が燃え出すので、できるだけ空腹感を感じるまで、食事を控えめにしたほうがよいと思います。

食事はとにかく消化の良い物を心がけましょう。肉や動物性脂肪は、いちばん消化がわるくて胃の中で4時間以上も滞留しています。

ただでさえ食べ過ぎで胃が疲弊している状態なので消化にわるい物を食べてしまうと、肝臓や膵臓にも負担がかかり新陳代謝が低下してしまい、ますます痩せにくい状態になってしまいます。

翌日のリセットは、脂肪を燃やすことと内臓を休めることを両方行わないといけませんので、他にも注意してほしいことがあります。

例えばアルコールは可能な限り避けましょう。内蔵の疲労に関してはアルコールは食べ過ぎと同様にダメージがあります。

食べ過ぎの翌日にお酒を飲むことは、食べ過ぎを二日間続けるようなもので代謝がどんどん落ちてしまい、中性脂肪がつきやすくなってしまいます。

有酸素運動はおすすめですが、激しい運動は避けた方がよいです。激しい運動は一時的に代謝を下げたり、免疫力を下げたりします。軽めのウォーキングを、できるだけ長時間行ったり空腹の状態で半身浴を行うことが、たまりかけた脂肪を燃やすのに効果的だと思います。

まとめ・・・

食べ過ぎた翌日のリセット方法を紹介します。できれば食べ過ぎた時は、その日のうちにリセットするのが理想です。

ダイエットは予防が大切で、脂肪になる前にカロリーを燃やしたり脂肪が重なる前に、しっかり燃焼させることが大切だからです。

とはいっても食べ過ぎると運動をする気もなくなってしまったりなかなか当日のうちにリセットするのが難しいこともあります。

その場合は、48時間以内に、カロリーを燃やして、内蔵の疲労を回復させることで、太るのを予防できます。