食事制限に失敗した時の48時間ルール

ruler_1280
食べ過ぎた時は翌日にきちんとリセットすることが大切です。

有名なリセット方法として48時間ルールというものがあります。

カロリーオーバーしても、48時間以内にきちんと燃焼させるというルールです。

食べ過ぎた時は、余分なカロリーが体内にたまっていますし、内蔵の機能も低下しているので、代謝も落ちてしまいます。

カロリーを燃やすこと、内臓を休めること、を意識してしっかりリセットすることが大切です。

・・・食べ過ぎ=ダイエット失敗・・・ではありません。

食べ過ぎた時は翌日が大切です。美意識の高い人でも、誰でも食べ過ぎることはあります。失敗しない人はこの世に存在しません。

48時間ルールというのがありますが、カロリーオーバーしたとしてもちゃんと48時間以内にリセットすれば大丈夫、というルールです。

本当は食べた直後に燃焼させるのがよいのですが、翌日以降でもできるだけ早い段階で、エネルギーに変えて燃焼させることが大切です。

食べ過ぎた翌日に大切なのは、まず消化の良い食事を心がけることです。

食べ過ぎは太ることばかりが心配になりますが、食べ過ぎだけで太るのではなく、そのカロリーをエネルギーとして消費したり脂肪を燃焼させる働きが落ちてしまうために太ります。

食べ過ぎだけでなく、たとえばアルコールなども太る原因ですが、同じ理由です。アルコールそのものにはカロリーはそれほど高くなくても、アルコールを分解するために内臓が働いてしまって脂肪燃焼能力が落ちてしまうことが太る原因だと言われます。

食べ過ぎた翌日の食事は、もちろん小食を心がけるのが基本ですが、どちらかというと油物などの消化に悪いものを避ける方が大切です。脂肪は消化にも悪いので、ただでさえ許容量オーバーの状態でそこに脂肪分が入ってくると、そのまま体脂肪になってしまいます。

時間帯としては、やはり午前中にリセットを意識して朝ご飯、昼ご飯を少なめに、ゆっくりと噛んで食べることで血糖値の上昇が抑えられます。水分を多めに摂ることでも、脂肪燃焼しやすくなります。

さらに運動を組み合わせることで体内にたまった余分なカロリーを燃焼させることができます。

食べた直後の対策としては、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめなのですが、翌日以降のリセットとしては、筋トレもおすすめです。筋トレは体内のグリコーゲンというエネルギー源を燃やすので余分なエネルギーを燃焼させるからです。

ただ、繰り返しになりますが、いちばん良いのは食べた直後に燃焼させることです。

食べ過ぎても、血糖値が上昇して、脂肪蓄積ホルモンのインシュリンが分泌される前に、軽い運動をするだけでも同じカロリーオーバーの食事だったとしても、脂肪に変えずに燃焼させることができると思います。

食べた直後と翌日、しっかりリセットして、後悔せずにダイエットを続けていきましょう。